<   2007年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

サポートスタッフ大募集!!

サポートスタッフ募集のリーフレットが完成しました。

私達ドーム研究会のメンバーを含めて、40名程募集します。
サポート内容は
・子供のサポート(20名)
・展示会の準備および設営
・作業の準備
・子供のお昼ご飯(軽食)の準備
など

建築・アート・子供が好きな人は、ぜひ御参加ください。

詳しくは、ドーム研究会の西川まで御連絡ください。
西川亮
Tel:090-2019-4522
d0140461_15212983.jpg

[PR]
by wao2007-domeken | 2007-12-31 15:21 | スタッフ募集

展示会の期間が変更になりました。

子供たちの活動内容や作品と、これまでのドーム研究会の活動を展示する展示会が、当初は、2月12日のみを予定していたのですが、2月13日(水)〜17日(日)までに変更になりました。
場所は、平成大野屋(平蔵)で行ないます。
詳しい内容は、決まりしだいアップしていきます。
[PR]
by wao2007-domeken | 2007-12-31 15:10 | 展示会

今後のスケジュール

日付     ドーム研究会        大人スタッフ          参加者(子供)
12/20(木) 第1回ミーティング
 21(金)
 22(土)
 23(日)
 24(月)
 25(火)
 26(水)
 27(木) 第2回ミーティング
 28(金)              各方面に呼びかけ開始
 29(土)
 30(日)
 31(月)
1/ 1(火)
  2(水)
  3(木)
  4(金)
  5(土) 現地視察1日目
  6(日) 現地視察2日目
  7(月) 現地視察3日目     第1回現地スタッフ説明会(募集)
  8(火) 第3回ミーティング                   参加者募集開始
  9(水)                            (小学1年生〜6年生を対象とし
 10(木)  第4回ミーティング                   大野市内の小学校に応募用紙を
 11(金)                             配ります。回収はFAXか郵送と
 12(土)                             します。)
 13(日)
 14(月)
 15(火)
 16(水)
 17(木) 第5回ミーティング
 18(金)
 19(土)
 20(日)
 21(月)
 22(火) 第6回ミーティング
 23(水)
 24(木)
 25(金) 第7回ミーティング
 26(土)
 27(日)
 28(月)            ※参加してくださる方を対象
 29(火)            に、できればこの頃にもう一
 30(水)            度説明会を行いたいです。
 31(木) 第8回ミーティング                    参加者募集締め切り
2/ 1(金)
  2(土)
  3(日)
  4(月)
  5(火) 第9回ミーティング
  6(水)
  7(木) 前々日入りの可能性あり
  8(金) ワークショップ前日   第2回現地スタッフ説明会
  9(土) 1日目
 10(日) 2日目
 11(月) 3日目
 12(火) 展示日
 13(水) 搬出・片付け
[PR]
by wao2007-domeken | 2007-12-28 15:05 | 今後のスケジュール

第2回WAOミーティング

2007年12月27日 10:00〜17:00

この日は、朝から夕方まで時間をかけてミーティングを行ないました。
プログラムの検討から、予算案、今後の予定などについても話し合いました。参加者を募るリーフレットなども作り始めました。
そして、5日、6日、7日と現地調査の予定をたてました。現地調査がとても楽しみです。
d0140461_14115747.jpg

[PR]
by wao2007-domeken | 2007-12-27 19:59 | 打ち合わせ

第1回 WAOミーティング

2007年12月20日 14:00〜17:00

WAOプロジェクトの当選結果を受け、メンバーでミーティングを行ないました。メンバー一同、大野市でワークショップが出来ることに喜びを感じています。
プログラムの実施まで、あまり時間がないことからさっそく企画案の見直しやプログラムについて話し合いました。
みんな初めて行く場所で、初めて行なうプログラムに想像を膨らませています…。
d0140461_1375293.jpg

[PR]
by wao2007-domeken | 2007-12-20 20:43 | 打ち合わせ

WAOプロジェクト2008 企画案

タイトル
「ゆきんこツアー」けいたいくうかん vol.5

▲ 概要
今回行うワークショップでは、子供を対象とし、初日の製作で自己と向き合い、見つめ直した上で個人からグループ、グループから社会へとプログラムが発展していきます。3日目の移住では、グループで話し合ったルートを巡り、地域の中でコミュニケーションを深め、楽しみながら「お気に入りの風景」を発見し最終日の発表会へとつながります。子供たちが学生や地域住民、お年寄りとふれあいながら郷土を理解し、愛着を持つ。そしてそれを伝える能力を養うワークショップを提案します。


▲ 流れ
 ・説明…これまでのワークショップの体験や手作りの家についてビジュアルを交えて簡単に話します。その後に今回のプログラムについて説明します。説明の仕方については、紙芝居などを検討しています。
 ・計画…自分だけのけいたいくうかんについて、どんなふうにしつらえるのかを絵やミニモデルをつかって考えます。
 ・製作…計画にもとづいてけいたいくうかんを作ります。色を塗ったり、絵を描いたり、穴 を開けたりします。
 ・組立…4枚の三角形のパーツを組み立ててけいたいくうかんを完成させます。組み立てるときは、参加者やスタッフと協力しながら行います。
 ・合体…他の人が作ったけいたいくうかんと繋げ合わせて空間を拡張します。また、空間の共有を図ります。
 ・体験…みんなで組み立てた、けいたいくうかんを利用してパーティーを行います。
 ・移住…ワークショップのメインとなる移住を行います。自分のけいたいくうかんを背負って大野市の町や山を歩きます。滞在したくなる場所をさがして旅をし、その過程で大野市の場所の持つ魅力を再発見します。
 ・発表…このワークショップの記録と子供たちの作品を発表する展示会を行います。

▲ 注意点
 ・子供たちが何をどう考えるのかを可能な限り尊重する。
 
 ・タイムスケジュール:2月8日(木)〜2月13日(火)で行います。
準備
1日目=「搬入」・「準備」
2日目=「説明」から「製作」
3日目=「組立」から「体験」
4日目=「移住」
5日目=「発表」
6日目=「片付け」と「搬出」
 ・詳細な進行計画は、現地スタッフの方と考えながら作ります。
 ・事前に大野市でミーティングを行います。

▲ 準備
※ 現地スタッフの方と相談しながら進めていきます。
下記は現時点で想定できる例
 ・製作道具:子供が使える道具
 ・材料:ベニヤ板やダンボール、塗装のためのペンキなど

▲ 検討課題
 ・子供の安全管理
 ・時間配分
 ・スタッフの体制:地域の学生や大人のスタッフを若干名募集します。 
 ・ワークショップを行う敷地について:大野市の自然環境を活かしたワークショップを行いたいため、事前に大野市で調査し決める。
[PR]
by wao2007-domeken | 2007-12-19 01:09 | 企画案

けいたいくうかん vol.4

RICアートカプセル2007出展作品
【日程】2007年10月20日(土)・21日(日)
【場所】六甲アイランド

これまで、ベニヤ板を組み立てて“けいたいくうかん”をつくってきましたが、素材をダンボールにかえてワークショップを行いました。たくさんの子供と保護者の方に参加していただき、家の村ができました。また、この日は地元の六甲アイランド小学校から依頼を受け、小学生が授業時間に作った椅子の配置を考えました。家の村と椅子の村が混在していておもしろい風景をつくりました。
d0140461_0513183.jpg

[PR]
by wao2007-domeken | 2007-12-19 00:51 | けいたいくうかん

けいたいくうかん vol.3

けいたいくうかん×ピクニック
このワークショップでは、“けいたいくうかん”を海や川に持っていってピクニッくをしてみました。実際に利用してみて気づいたことは、周りの風景が変わると中の空間も変化するということでした。さらに三角形の窓から風景を切り取ることで、その場所の魅力を発見するということにも気がつきました。
d0140461_0423849.jpg

[PR]
by wao2007-domeken | 2007-12-19 00:48 | けいたいくうかん

けいたいくうかん vol.2-1

d0140461_0341554.jpg

[PR]
by wao2007-domeken | 2007-12-19 00:34 | けいたいくうかん

けいたいくうかん vol.2

けいたいくうかん×ペイント
このワークショップでは、“けいたいくうかん”にペイントしてみました。それぞれの人が自分自身の色や模様を三角形の1枚に描いています。塗り方を工夫し、自分の手型をつける人や葉っぱなどを拾ってきて塗る人など、さまざまです。
その三角形を他の人の作品と組み合わせることで、立体絵画のような空間が出来ました。中に入ってみると展示空間のようになっており、小さな美術館のようでもあります。色を塗ってみることで愛着が生まれることにも気がつきました。
d0140461_0285415.jpg

[PR]
by wao2007-domeken | 2007-12-19 00:30 | けいたいくうかん